からだを動かす/教育を考える/食育 2019.2.26

色とりどりの野菜でビタミン補給! スポーツジュニアのための「栄養満点パスタ」レシピ

編集部
色とりどりの野菜でビタミン補給! スポーツジュニアのための「栄養満点パスタ」レシピ

健康で丈夫な体を作るには、毎日の食事が大切。子どもたちには、栄養のあるものをバランスよく食べさせてあげたいですよね。特に、習い事などでスポーツを頑張る“スポーツジュニア”をお持ちの親御さんにとって、「パワーチャージできる栄養満点の食事づくり」は大きなテーマでしょう。

とは言え、カロリー計算や栄養素のチェックなんて難しいし、忙しい中で品数を多く作るのは大変なこと。そこで、運動量の多い子どもたちに最適な、「栄養満点・簡単に作れる・美味しい」の3拍子が揃った“スポーツごはんレシピ”をご紹介する連載がスタートします!

監修は、さまざまな競技のアスリートを栄養面でサポートするほか、食育活動を広く実施している株式会社明治。書籍『かんたん! おいしい! ジュニアのためのスポーツごはん 栄養満点パワーチャージレシピ』(金の星社刊)に掲載された人気メニューから、明治イチオシレシピを5回に渡ってご紹介します。栄養面でのワンポイントアドバイスも盛りだくさん! どうぞお楽しみに。

第1回のテーマは色とりどりの野菜でビタミン補給です。

カラフルで栄養バランス◎! 『コンディショニングパスタ』

その名の通り、コンディションをととのえやすいひと皿です。
たんぱく質やビタミンB1が豊富なハムと、ビタミンCが豊富なパプリカやピーマンを使いました。

材料(2人分)
パスタ(乾燥)……200g
むきえび(背わたをとる)……中4尾(50~60g)
玉ねぎ(7~8mm幅の薄切り)……1/2個
赤・黄パプリカ、ピーマン(それぞれ太めのせん切り)……各1/2個
ハム(短冊切り)……70g
バジルの葉(ざく切り)……10枚
(A)オリーブ油……大さじ2
(A)にんにく(薄切り)……1/2片
塩、こしょう……各少々
粉チーズ……適量

※パスタの量は、1人分100gを基準としています。成長段階や目的に応じて調整してください。

作り方
(1)鍋に湯をたっぷり沸かして塩適量(分量外)を入れ、パスタを袋の表示時間通りにゆでる。パスタがゆで上がる1分ほど前にむきえびを加え、ゆで汁を玉じゃくし1/4杯分取り分けて、湯をきる。

(2)フライパンに(A)を入れて弱火で炒め、香りが立ったら玉ねぎ、赤・黄パプリカ、ピーマン、ハムを加えて中火で炒める。弱火にして塩、こしょうで味をととのえ、(1)で取り分けたゆで汁を加えてのばす。

(3)(1)のパスタとえびを加えてざっくりと炒め合わせ、火を止めてバジルの葉を加える。

(4)器に盛り、粉チーズをたっぷりふる。

栄養士より:ここがポイント!

・サポートしていたチームの海外遠征時に何度も作ったひと皿です。「ビタミン類を確保して体調維持につとめてほしい」という思いからつけた料理名です。選手にも好評でした。

・“色とりどりできれい”ということは、たくさんの食材を使っているということ。食材の多さは栄養素の多さにつながります

***
子どもが大好きなパスタにひと工夫するだけで、栄養満点のメニューに仕上がります。鮮やかな見た目も食欲をそそりますよね。ぜひ、レパートリーに加えてみてください。

かんたん! おいしい! ジュニアのためのスポーツごはん 栄養満点パワーチャージレシピ
株式会社 明治(監修)/2017年、金の星社

■ この書籍の監修者インタビューを掲載しています
試合当日の朝食には「炭水化物をたっぷり」。スポーツ栄養学にもとづいたメニューとは?
不足しがちな「たんぱく質」と「カルシウム」、朝ごはんに取り入れるコツ