芸術にふれる/アート 2018.10.6

葉脈ってなに? 子どもたちの想像力や好奇心を刺激する「葉っぱのフロッタージュ」

葉脈ってなに? 子どもたちの想像力や好奇心を刺激する「葉っぱのフロッタージュ」

「芸術の秋」がやってきました。子どもたちに「芸術」を感じてほしいと考えている親御さまも多いのではないでしょうか。

心理学、教育学などを取り入れ、画期的な美術教育を提供している『芸術による教育の会』講師である後藤和人先生に、「秋」をテーマに芸術作品を教えていただきました。

秋は「想像力や好奇心を刺激する季節」だそうですよ。お子さまの感性を大いに刺激してみましょう!

文・作品提供/芸術による教育の会

季節の変わり目は子どもたちの好奇心がくすぐられる!

暑かった日々がウソのように季節は徐々に秋へ。そして、季節の変わり目は子どもたちの好奇心をくすぐる発見がたくさんあります。

季節の移り変わりは、子どもたちの身の回りに大きな変化をもたらします。目に映る景色、肌に伝わる乾いた空気、風に運ばれてくる金木犀の香りなど、子どもたちの五感を刺激することが多いです。

そんなときに、親子でこんな会話をするのはどうでしょうか。
「なんで秋になると葉っぱが紅葉するんだろうね?」
「どうして最近雨が多いんだろう?」
「この甘い匂いはどこからくると思う?」

子どもたちの好奇心は自然現象から始まるということを聞いたことがありますが、「芸術の秋」と言われるのは、活動しやすい時期というだけでなく、身の回りの変化が子どもたちの想像力や好奇心を刺激する季節だからというのも一理あるのではないでしょうか。

子どもたちが何気なく感じている季節の移り変わりを大人が言語化することで、子どもたちは想像力を働かせるのだと思います。その想像力が子どもたちの好奇心を刺激するのです。

今回は、その季節の移り変わりを感じ、「学び」を得ることができる工作、「葉っぱのフロッタージュ」をご紹介します。

今の時期、外を歩けばたくさんの葉っぱを見つけることができるでしょう。「どこから落ちてきたのかな」「この木の名前はなんだろう」「この葉っぱはたくさん落ちているけど、あっちの葉っぱはあまり落ちていないみたい」など、1枚の葉っぱから親子でたくさん会話を楽しんでください。

そしてお気に入りの葉っぱを家に持ち帰って、さっそく作品づくり開始です!

葉っぱのフロッタージュを描いてみよう

<材料>
・落ち葉
・色鉛筆(2色)
・コピー用紙

<作り方>
葉っぱを机の上に置いて、その上にコピー用紙を重ねます。

画用紙の上を優しく色鉛筆で擦ります。

POINT① 葉っぱは、裏面の方が凹凸があるので、裏面を上向きにして擦りだしましょう。
POINT② 色鉛筆を動かす際は、葉っぱよりも大きく動かしましょう。手首よりもひじを動かす感じです。
POINT③ 色鉛筆を動かす際は、一定方向ではなく、違う方向に動かすとより葉の形が写ります。

(作例)紙に貼ってもかわいいです!

(注意点)クレヨンでは葉っぱの細かい部分が写りにくい

子どもたちは振動から敏感に葉の凹凸を感じる

フロッタージュは「擦りだし」という技法です。

葉っぱの葉脈などの凹凸を綺麗に写し出すことができるので、葉っぱの観察や葉っぱの色遊びに適していると思います。

フロッタージュをすることで、木の種類によって葉っぱの形が違うことや、葉脈の太さが違うことなどがわかるでしょう。葉脈について学ぶのは中学校1年生の理科ですが、光合成については小学校4年生で学びます

難しいことは必要ありませんが、植物が成長するにはこの葉脈が重要な役割をはたしている、ということを知るだけでも、子どもにとって大きな発見になるのではないでしょうか。

また、目で葉っぱを観察するだけでなく、擦りだしをするときに感じる振動で、子どもたちは敏感に葉の凹凸を感じます。このとき、あえて2色程度の限られた色を使うことで、画用紙の上で混ざり合った色を発見することができます。

紅葉の葉は綺麗なグラデーションが見られます。黄色と赤を使ってグラデーションの色を経験するのも良いですね。ほかにも、「こんな色の紅葉もあったら素敵だな!」という子どもらしい発想があっても面白いと思います。

芸術には正解がありません。フロッタージュを通じて、お子さまの発想力がどんどん豊かになることを願っています。

【プロフィール】
芸術による教育の会(げいじゅつによるきょういくのかい)
東京、神奈川、埼玉、千葉、インターネット上に約100教室の美術教室を運営。
在籍生徒数約3800人。
「世界の子どもたちとアートを通してつながりたい!」を将来のビジョンとし、言葉の壁をアートで乗り越えた未来を目指しています。

芸術による教育の会ホームページ
「芸術による教育の会」は、5つの事業と60年以上の実績をもとに
美術を通して、子どもたちの成長に寄り添います。

お家でビジュツ! 動画で学べる! 作品を掲載できる! どこでもアート!!
「びじゅつでつながろう どこでもアートきっず」
・インターネット美術教室なので、自宅でレッスンが受けられます。必要な教材は発送します。
・お子さまに合わせたカリキュラムを作成し、個性を引き出して伸ばします。
・それぞれの成長段階や個性に合わせた技術指導を行います。
・YouTubeの動画もあるよ。いろんな工作動画を見て下さい。
どこでもアート公式チャンネルはこちら