からだを動かす/教育を考える/食育 2019.3.12

運動する体を支える“強い骨づくり”のために。生地に〇〇を練り込んだ「カルシウムアップピザ」

編集部
運動する体を支える“強い骨づくり”のために。生地に〇〇を練り込んだ「カルシウムアップピザ」

思い切り走ったり、ボールを蹴ったり……体を力強く動かすスポーツジュニアにとって、丈夫な体づくりは不可欠。その根幹となるのが強い骨です。

骨の主な材料は、カルシウムとたんぱく質。たんぱく質が骨の土台を作り、その中にカルシウムがたくわえられることで、骨は形成されていきます。骨の中のカルシウムが多いほど強くて頑丈な骨になり、逆に不十分だとスカスカでもろい骨に。

骨づくりに欠かせない栄養素を豊富に含む牛乳や乳製品は、意識しないと不足しがち。そこで今回のテーマは骨づくりに効くカルシウム強化メニュー。食事に牛乳や乳製品を添えるだけでなく、料理の中からも子どもの骨づくりを応援しましょう!

生地の中にカルシウムをプラス! 『ヨーグルトピザ』

ヨーグルトを加えてカルシウムを強化した生地は、中はもっちり、まわりはカリカリ。
混ぜたりのせたり、楽しくかんたんにできるから、子どもといっしょに作るのもおすすめです。

材料(直径15cmのもの2枚分)
(A)薄力粉……1カップ弱(100g)
(A)プレーンヨーグルト……1カップ強(210g)
(A)ベーキングパウダー……小さじ1/2
(A)塩……小さじ1/4
ハム(1cm角)……3枚
プチトマト(半分に切る)……2個
ピーマン(輪切り)……1/2個
ツナ(オイル漬け・缶汁をきる)……1/2缶
ピザ用チーズ……50g
ピザソース(市販)……大さじ2
サラダ油……少々

作り方
(1)ボウルに(A)を入れ、泡立て器でよく混ぜる。

(2)フライパンにサラダ油を薄くひき、(1)の半量を平らに流し入れて両面を中火で焼く。

(3)いったん火を止め、ピザソースをぬり、具とチーズを半量ずつのせる。ふたをして弱火にかけ、チーズが溶けるまで加熱する。もう1枚も同様に作る。

栄養士より:ここがポイント!

・ピザ生地は、甘くないパンケーキミックスにヨーグルトを加えて作ってもかまいません。より気軽に作れますよ。

・おすすめは、ゆで卵とにんじん&果汁ジュースをプラスしてあげること。果汁100%のジュースは果物が不足したときに代用できます。卵でたんぱく質をさらに強化。

***
ヨーグルトピザ1枚で、主食と主菜と乳製品をまとめてとることができます。オーブンを使わず、フライパンで作れてしまうのも嬉しいところ。サッと作れて手軽に食べられるので朝食にもいいかもしれませんね。

かんたん! おいしい! ジュニアのためのスポーツごはん 栄養満点パワーチャージレシピ
株式会社 明治(監修)/2017年、金の星社

■ この書籍の監修者インタビューを掲載しています
試合当日の朝食には「炭水化物をたっぷり」。スポーツ栄養学にもとづいたメニューとは?
不足しがちな「たんぱく質」と「カルシウム」、朝ごはんに取り入れるコツ