教育を考える 2019.6.4

「プレゼン能力」「独創性」が通知表で評価されるオランダ。自己肯定感が高まる教育プロセスとは?

編集部
「プレゼン能力」「独創性」が通知表で評価されるオランダ。自己肯定感が高まる教育プロセスとは?

子どもたちの個性を大切にする『イエナプラン』教育で知られるオランダ。その教育環境の良さや子どもの幸福度の高さ(2013年・世界第1位)から、日本でもオランダ教育の要素を取り入れていこうという動きが出てきています。

今回は、教師の役割や通知表の評価の仕方を通して、日本とは何もかも違うオランダ教育について考えていきましょう。

イエナプランだけじゃない!? 学校ごとに異なる教育方針

オランダでは、学校が子どもの未来を作る場だと考えられています。そして、学校は「自分の好きなことや得意なことを見つける場所」という考えが、社会に根づいているのです。このように、国全体で子どもの未来につながる教育を目指していて、憲法でも『教育の自由』が保証されているオランダ。よく知られているのはイエナプラン教育ではないでしょうか。

■イエナプラン教育って?

ドイツのイエナ大学教授ペーター・ペーターゼンが生み出した、子どもたちの個性を大切にして対話を重視する教育のこと。
<特徴>
異なる年齢の子どもたちが一緒に学習する。
子どもたちが輪になって、さまざまなテーマについて話し合い発表する。教師は進行役に徹する。
○教室は「リビングルーム」という考え。グループ活動がしやすいように、自由に移動可能な机・椅子が配置されている。

※イエナプランについて、詳しくは過去記事をご覧ください。
尾木ママ絶賛! “日本教育の3周先を行く”オランダの「イエナプラン教育」
オランダで大人気「イエナプラン教育」とは? 日本でも開校間近“期待のスクール”の魅力。

もちろん、オランダのすべての小学校がイエナプラン教育を取り入れているわけではありません。100人いれば、100通りの教育方法がある」といわれるくらい多様性に富んでいるオランダ教育には、他国で生まれた教育も積極的に取り入れる柔軟さがあるようです。

先生はコーチ! 自己肯定感を育む授業の仕組み

『子どもを伸ばす共育コーチング』(拓殖書房新社)の著者でコーチングのプロとして活躍中の石川尚子先生は、視察に行ったオランダの学校で次のような授業風景を目にしたそう。

オランダの学校では、授業の折々に、先生から質問が投げかけられます。
(中略)
純粋に、子どもたちの考えを促す質問です。どんな答えが返ってきても、先生はまず受け止めます。ですから、子どもたちにも、先生が求めている正解を答えなければという思考がありません。誰かの評価を得るためではなく、純粋に自分はどう思うかを考え、表現し合います。

(引用元:ベネッセ 教育情報サイト|教育にコーチングが根付いている国の子どもは幸福度が高い?[やる気を引き出すコーチング]

その質問とは、「ここまでやってみてどう思った?」「どんなことに気がついた?」といった、子どもの内に秘められている言葉を引き出すものばかりだったそうです。そして授業の最後には、必ずこの学びの体験を次に活かす質問を投げかけます。先生から次やるときは、どうしたらもっとよくなると思う?などの問いを受けることによって、子どもたちは今回の体験を振り返り、次に活かすための気づきが生まれるのです。

やってみて振り返り、またやってみて振り返る。オランダの教育現場ではこの過程が大事にされており、それはまさにコーチングのプロセスと手法だと石川先生は述べます。このプロセスを繰り返し、実践したことがうまくいくと、自己肯定感はより高まるそう。

まずは大人が答えを持たずに、子どもの考えを受け止めることが大切です。そして、次に進むためにはどうしたらいいか、この学びからどんな気づきが得られたか、など子どもなりの考えを引き出すように導く「質問力」が必要なのですね。

オランダは「先生こそが社会のことを一番知らない」という前提で教育プログラムが作られているそうです。極端な言い方になりますが、それは「社会に出たことがないから」。しかし、私たちが生活している「社会」は、日々ものすごいスピードで変わっていっているという現実があります。だからこそ先生は「教える人」「指導する人」ではなく、子ども一人ひとりの適性を見抜き、適した道に進めるようにアシストしてあげる「コーチ」に徹しているのです。

点数で評価しない。通知表は子ども自身の成長の記録

博報堂のクリエイティブディレクターを経て、家族の教育環境のためにオランダに移住した吉田和充さんは、小学校に通うお子さんが持ち帰ってきた通知表に非常に驚かされたそう。それは、日本の学校で渡される通知表とはまったく違うものでした。

日本との大きな違いは、分厚いバインダーに挟まれた書類のような形式で渡されることです。このバインダーは入学時からずっと同じものを使い続けていて、4歳の最年少学年では絵や工作がファイルされているだけのこともあるそうです。学年が上がるにつれて、全国統一試験の結果なども加わってきます。

内容としては、まず担任の先生の総評から入ります。A4サイズ1ページ分にもわたり、生徒のことをかなり詳細に記しているそう。次に生徒自身のコメントです。仲の良い友だちや好きな活動や遊び、授業について自分の言葉で書かれています。このように最初の2ページほどは、先生と生徒双方の総評のようなコメントが書かれているそうです。

次にようやく成績に関するページが出てきます。ただし各教科で点数が重視されることはなく、過去の自分と比べた成長率が評価のポイントになります。つまり、すべての評価は『絶対評価』であり、大事なのは前の学期の自分と比べてどう成長したかということだというのです。

テストの点数や偏差値を重視しないのは、オランダが国として学校は自分の適性や好きなことを見つけて、将来の自分の進む道を決める場所という共通の認識をもっていることにほかなりません。

通知表に記されている42個の評価項目の一部をご紹介します。

・積極性
・人の話を聴く力
・リーダーシップ
・プレゼン能力
・計画性
・他人を助ける能力
・学校行事への参加度
・自己主張力
・協調性
・独創性

日本の学校の通知表でも同じような評価項目がありますが、プレゼン能力自己主張力」「独創性などは、これからの社会を生き抜くために、ぜひ身につけたい能力です。

我が子の成長と向き合うとき、「テストの点数が上がった」「同級生のほかの子に比べて優れている」という視点で見るのではなく、1年前に比べて積極的に発言できるようになったと評価してあげたいですね。

***
日本でも少しずつオランダ式の教育を取り入れようという動きが出てきているようです。いいところは取り入れつつも、日本独自の優れた教育は否定すべきではありません。目まぐるしく変化する世の中の流れに合わせながらも、常に「子どもにとって何が最善なのか」を考えて導いてあげる必要がありそうですね。

(参考)
現代ビジネス|「世界一の教育」オランダの小学校は日本とはレベルが違った
Study Hacker こどもまなび☆ラボ|オランダで大人気「イエナプラン教育」とは? 日本でも開校間近“期待のスクール”の魅力。
Study Hacker こどもまなび☆ラボ|尾木ママ絶賛! “日本教育の3周先を行く”オランダの「イエナプラン教育」
ベネッセ 教育情報サイト|教育にコーチングが根付いている国の子どもは幸福度が高い?[やる気を引き出すコーチング]
FINDERS|「通知表」が変われば教育が変わる?オランダの通知表に見る世界一子どもが幸せな理由【連載】オランダ発スロージャーナリズム(11)