からだを動かす/バレエ 2020.2.20

バレエを習い始めるなら何歳から? 技術がしっかり身につく一生に一度のベストタイミング

バレエを習い始めるなら何歳から? 技術がしっかり身につく一生に一度のベストタイミング

バレエは、親が子どもにさせたい習い事のひとつとして根強い人気がありますよね。華やかだというだけでなく、習うと姿勢や身のこなしが美しくなることも、バレエの魅力ではないでしょうか。

そんなバレエは何歳から習い始めるのがいいのか、悩むお父さん・お母さんは少なくないはずです。このコラムでは、子どものからだの成長を踏まえた「バレエを習い始めるベストなタイミング」を説明しましょう。

バレエスクールに入学できるのは何歳から?

子どもがバレエを習うことができる最低年齢は何歳なのか調べてみたところ、多くの幼児向けバレエスクールが3歳以上を対象としているようです。3歳といえば、自分の意志でトイレに行きたいと伝えられるようになる年齢。バレエを習い始めるのは早くても3歳からという見方が一般的だといえます。

また、3歳以後何歳までが習い始めに適しているのかも気になるところ。本場パリで研鑽を積んだ講師陣が教える「堀文雄クラシックバレエ・スタジオ」や、創立60年以上の伝統を持つ「渡バレエ学校」をはじめとした複数のバレエスクールは、「本格的にバレエを身につけたいのであれば、小学校低学年(6歳~8歳)までに習い始めるのが理想的だ」としています。

つまり、子どもにバレエを習わせるなら3~8歳ごろがベストだと考えられているのです。

3歳から、踊りが好きならいつでも始め時です。
小学生低学年までに始められると良いでしょう。

(引用元:堀文雄クラシックバレエ・スタジオ|よくあるご質問

バレエスクールの多くは、子どもの年齢に沿った複数のクラスを用意しています。前出の2つのスクールでは未就学児か小学生かでクラスが分かれます(小学生以上は、経験や学年によりステップアップ)。ほかには、未就学児をさらに細分化してクラス分けしているスクールも。たとえば、英国ロイヤル・バレエ団元プリンシパルの熊川哲也氏が率いるKバレエスクールの子ども向けバレエ教室では、3~4歳が対象の「Toddler Class」、5~6歳が対象の「Kids Class」、7~10歳が対象の「Junior Class」と3つのクラスが用意されています。

バレエを習い始めるべき年齢02

今すぐ「Famm無料撮影会イベント」に行くべき4つの理由。写真で「自立心」や「自己肯定感」がアップする!
PR

バレエを「低学年までに」習い始めるべき理由とは?

次に、多くのバレエスクールが「バレエは小学校低学年までに習い始めるのが理想的だ」とする理由を掘り下げてみましょう。

これには、子どもが運動能力の基礎を築くうえで重要な「ゴールデンエイジ」「プレ・ゴールデンエイジ」が大きく関係しています。

■ 一生に一度しかこない「ゴールデンエイジ」

ゴールデンエイジとは、9~12歳ごろにおとずれる、運動能力が著しく発達する時期のことです。その根拠は、アメリカの医学者・人類学者のスキャモンが発表した「スキャモンの発育発達曲線」(下図)によって説明することができます。

バレエを習い始めるべき年齢03n

(画像引用元:国立スポーツ科学センター|女性アスリート指導者のためのハンドブック 1 発育・発達について

スキャモンの発育発達曲線では、人間の器官を一般型、神経型、生殖型、リンパ型の4つに分類し、それぞれが100%に成熟するまでの発達の仕方が曲線で示されています。このうち「神経型」の青い線を見ると、10歳ごろまでに大人と同等のレベルまで発達することがわかります。

神経型は脳や神経の働きのことであり、スポーツの面ではすばやい身のこなしや反射神経といった重要な能力に関与しています。この能力が10歳ごろまでに完成することから、9~12歳ぐらいのゴールデンエイジは運動能力の基礎を築くうえで重要な時期だと言われているのです。

ちなみに、ゴールデンエイジは一生に一度しかやってきません。神経が急激に発達するこの時期に運動することで、スポーツがうまくなるという、まさに「黄金期」なのです。

■ 年中~低学年にあたりにやってくる「プレ・ゴールデンエイジ」

このゴールデンエイジの前段階が「プレ・ゴールデンエイジ」です。

リオ五輪で陸上日本代表のコーチを務めた堀籠佳宏氏によると、プレ・ゴールデンエイジは骨も筋肉も発達途上な時期。この年齢のうちに競技を問わず幅広い運動経験をすることが、のちの運動能力の基礎になるのだそう。ゴールデンエイジを最大限充実させるには、プレ・ゴールデンエイジからの運動経験が重要なのです。

そんなプレ・ゴールデンエイジがやってくるのは、5~8歳ごろ年中~低学年ごろにあたる時期です。

運動能力を高める一生に一度のチャンスを最大限に活かすためにも、プレ・ゴールデンエイジにしっかり運動経験を積むべきである……。これが、3歳~低学年ごろまでにバレエを習うべきとされる理由だというわけです。

バレエを習い始めるべき年齢04

8歳を過ぎてからバレエを習い始めたら、遅すぎるの?

では、子どもが8歳を過ぎてからバレエに興味を持ち始め、習いたいと思っても、それでは遅すぎるのでしょうか? 答えは「ノー」です。

老舗バレエ用品メーカーのチャコットによると、8歳以降から始める子どもたちは、“憧れの○○さんのように踊りたい”など目的意識がはっきりしているため、バレエを習う意義は十分にあるのだそう。本人にしっかりと意思があれば、遅めのスタートでも問題ないのです。

現に、8歳以降からバレエを習い始めた方でも活躍している人はいます。たとえば、熊川哲也氏の習い始めは10歳。英国の2つのロイヤル・バレエ団でプリンシパルを22年間にわたって務めた吉田都氏も、9歳から習い始めたそうです。

また、43歳で引退するまでバレエの第一線で活躍し続けた草刈民代氏も8歳からバレエを習い始めたので、比較的遅いスタートだったと言えます。子どもが「バレエを習いたい」という高い意欲を持っていたら、年齢に縛られず、ぜひ挑戦させてあげてください。

***
華やかな舞台が、大人も子どもも惹きつけるバレエ。頑張ってレッスンを積み重ね、初めてトウシューズを履けるようになったら感動もひとしおでしょう。3歳を過ぎたら、レッスンを始めるかどうか、ぜひご検討ください。

文/かのえかな

(参考)
Kバレエスクール|熊川哲也のキッズ・バレエ Ballet Garden
堀文雄クラシックバレエ・スタジオ|よくあるご質問
渡バレエ学校|よくあるご質問
松山バレエ団|松山バレエ団に関するよくある質問
チャコット株式会社 公式Webサイト ニュース|これからバレエをはじめたいキッズ&ママ・パパへ
株式会社 明治|成長期に必要なトレーニング~「敏しょう性」~
Hanako ママ web|あらゆるスポーツの基礎を作る、プレ・ゴールデンエイジって?
国立スポーツ科学センター|女性アスリート指導者のためのハンドブック 1 発育・発達について
Dews (デュース)|引退を発表したバレリーナ吉田都の魅力をバレエ経験者が解説!
STAGE(ステージ)|〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…