あたまを使う/英語 2018.5.14

イラスト付きで楽しむ「英語の指遊び歌」と教科書で頻出の「なぞなぞ歌」。マザーグース童謡は子どもの英語教材として最適!

安藤幸江
イラスト付きで楽しむ「英語の指遊び歌」と教科書で頻出の「なぞなぞ歌」。マザーグース童謡は子どもの英語教材として最適!

皆さんは、お子さんと一緒にこんな童謡を歌ったことはありますか?

桃太郎さん 桃太郎さん
お腰につけた きび団子
一つわたしに 下さいな

日本では誰もが知っているといっても過言ではないほど、有名な歌ですね。実は、英語圏においてマザーグースはこれと同じくらい、広く知られている存在です。

今回は、そんなマザーグース童謡の特徴と実際の遊び方、そして教育効果の高め方をご紹介します。

その数、約1000個? 歌の数も種類も多いマザーグース童謡

マザーグース童謡の特徴は、歌の種類が多く、歌の数も多いこと。何百年も昔から、多くの子どもたちや大人たちによって、大切に歌い継がれてきたので、歌の種類も数も増えました。

その数、全部で800 から1,000 あると言われています。歌の種類には、例えばこのようなものがあります。

・赤ちゃんや子どもをあやす歌
・足の指を一本ずつ指して歌う「指遊び歌」
・「せっせっせーのよいよいよい」のような「手遊び歌」
・「通りゃんせ」のような何人かで遊ぶ歌
・「アルファベットの歌」や「数を数える歌」など学びの要素の入った歌
・子どもたちに考えさせる「なぞなぞ歌」
・間違いなく早く言う訓練になる「早口言葉」
・大きな社会的出来事を歌った歌
・王侯貴族や権力者をからかう歌
・鳥や動物の歌

赤ちゃんからお年寄りまで、老若男女を問わず、さまざまな人たち、そして生き物たちが歌の対象となりました。

マザーグース童謡は子どもの英語教材として最適!

英語を話す国々の大勢の子どもたちや大人たちによって、長い間愛され、歌われてきたマザーグース童謡は、わたしたち日本人にとっても、とても良い英語の教材になります。

日本人の赤ちゃんは、言葉をまだ話せないうちから、親や家族などから日本語で話しかけられ、歌を歌ってもらって、それらを記憶して、やがて日本語を話せるようになります。

これと同じことが、英語についても言えます。まだ日本語を話せない、2歳にもならない日本人の幼児に、英語で「指遊び歌」を歌ってやると、「また、歌ってくれ」と動作で催促します。

赤ちゃんや幼児は、自分では口で表現できませんが、親や家族の歌う言葉やリズムはちゃんと記憶しています。それが積み重なってやがて、日本人でありながら幼児でも、英語で歌えるようになります。

マザーグース童謡は、それぞれの年齢に応じた、また、目的に応じた歌がたくさんありますので、英語を学ぶ教材としては、最適です。

幼い子どもでも楽しめるマザーグース童謡とその遊び方

■指遊び歌

This little piggy went to market,
This little piggy stayed at home,
This little piggy had roast beef,
This little piggy had none,
This little piggy cried, Wee-wee- wee,
I can’t find my way home.

1行ずつ歌いながら、親指から小指まで、幼児の足の指を1本ずつ指していきます。そして最後の行では、幼児の足の裏をこちょこちょします。幼児がとても喜ぶ指遊び歌です。

このちいさいコブタは マーケットに いきました
このちいさいコブタは いえに いました
このちいさいコブタは ローストビーフを もらいました
このちいさいコブタは なにも もらえませんでした
このちいさいコブタは ウェーン ウェーン ウェーンと なきました
かえる みちが わからないよ。

■なぞなぞ歌

Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king’s horses and all the king’s men
Couldn’t put Humpty together again.

よく学校の英語の教科書にも載っている、この歌。「壊れて、元にもどらないものは何か?」というなぞなぞ歌です。

ハンプティ・ダンプティは へいのうえに すわった
ハンプティ・ダンプティは どしんと おちた
すべてのおおさまのきへいも すべてのおおさまのほへいも
ハンプティを もとに もどせなかった。

なぞなぞの答えは「卵」になります。こんな卵の姿のキャラクター、どこかで見たことありませんか?

幼少期から親子でハンプティ・ダンプティの歌に親しんでおくと、中学校や高校の英語の授業でこの歌が取り上げられたときに、「この歌、知ってる!」とお子さんの自信につながることでしょう。

実はこの歌には、古いバージョンもありますが、そこには王様は出てきません。古いバージョンの歌はとても有名で、おなじみの絵本、ピーターラビットの『リスのナトキンのお話』にも少しアレンジされて登場します。そこでの歌を、日本語で紹介しましょう。

ハンプティ・ダンプティが 小川で寝ている
白いベッドカバーを 首にまいて
40人の医者も 40人の大工も
ハンプティ・ダンプティを 元にもどせない。

このように、ピーターラビットをはじめとした絵本作品、ドリトル先生などの児童文学作品にも登場する歌なのです。お子さんが読み聞かせや読書を楽しむ上で、大いに役に立つ知識だと言えるでしょう。

また、この歌の「王様」のモデルは、15世紀のイギリスの王様、リチャード三世だとされています。彼は王位継承権のある人たちを暗殺し、王位に着きました。しかし悪事には勝てず、フランスから呼ばれた、後のヘンリー七世に敗けてしまいました。

お子さんが将来教養ある英語を学ぶ上で重要な、シェイクスピア作品にも『リチャード三世』というお芝居があります。このように、世界史や歴史を元にした文学作品と、関連づけることができる歌でもあるのです。「知の融合」を目指し、ぜひ様々な観点からお子さんと楽しんでみてくださいね。

最後に、愉快な児童向けバージョンをご紹介しましょう。

ハンプティ・ダンプティは スプーンに すわった
ハンプティは すぐに エッグカップに 入るだろう。
すると のりや 接着剤を みんな使っても
ハンプティは 新品には 見えないだろう。

有名な歌だからこそ、イギリス各地でもアメリカでも、さまざまな替え歌がたくさん生まれています。まずは日本語で違いを楽しみながら、英語でもお子さんと歌ってみてくださいね。