からだを動かす/体操 2018.5.9

運動能力を高めよう! 習い事に体操を選ぶメリットと、教室選びのポイント

編集部
運動能力を高めよう! 習い事に体操を選ぶメリットと、教室選びのポイント

子どもの習い事として、体操教室に通わせたいと考えている人は多いのではないでしょうか。幼稚園や保育園が終わった後に課外授業として取り組むところも多くあり、体操は身近な習い事となっています。

それに親世代のように放課後、自由に走り回ることができない現代の子どもたちにとって、全身を動かすことのできる体操教室は運動能力を高めるための貴重な機会だといえるでしょう。

今回は、習い事に体操を選ぶメリットと、教室選びのポイントをご紹介します。

体操教室の種類と特徴

ひとえに体操教室といっても、種類はさまざまですが、主に、【体育教室】【器械体操】【新体操】に分かれます。それぞれの特徴を見てみましょう。

【体育教室】
体育教室は、マット運動や跳び箱、縄跳びやストレッチ、トランポリンなどの主に基礎体力を作ることに重きを置いています。年少さんから参加できるものも多く、ゲーム遊びを含めた内容も多いでしょう。また、一対一ではなく集団で行うので、集団生活に必要な約束を守ることや、生活習慣に必要なマナーを身につけることができるでしょう。

【器械体操】
器械体操は、平均台や鉄棒、平行棒などの器械を使って行う体操です。競うポイントは美しさや安定度、ダイナミック。反射神経や動体視力を養うことができます。幼児期に始める場合は、最初から器械を使うのではなく、跳び箱や平均台、マット運動などを通して学んでいきますので、段階を踏んで徐々にできることが増えていくでしょう。

【新体操】
新体操は、フープやリボン、ボールなどの手具を使って、音楽に合わせて体操を行うものです。技の難易度以外にも、ジャンプ、投げた手具を取る事こと、回転などの美しさや表現力も評価の対象となり、スピードや瞬発力も求められます。

体操教室のメリットとは?

次に、体操教室に通わせるメリットは何があるのでしょうか。

元体操日本代表選手の田中光さんは、体操が子どもの発育に与える影響を以下のように話しています。

小さいころから体操を習うことによって、脳が動きの司令を出して神経系を伝達させ身体をコントロールする「神経系のトレーニング」につながります。なおかつ、全身を動かしているということで、細かい筋肉や大きな筋肉をまんべんなく使うことになりますから、体操は子どもの身体の発達に非常にいいわけです。

(引用元:こどもまなび☆ラボ|元・体操日本代表選手に聞いた「体操が子どもの身体の発育にいい理由」

全身運動である体操をすることによって、子どもたちの運動神経が発達するのですね。また、このほかにも以下のようなメリットがあるとされています。

・体が丈夫になる
・寝つきが良くなる
・ストレス解消になる
・リズム感や表現力が身につく(新体操)
・姿勢が良くなる
・礼儀正しさが身につく
・体育の授業に役立つ

そして、挑戦する勇気を持ち、目的を達成したときの喜びを感じることもできます。常に自分と戦うことでメンタル面も強くなるでしょう。

体操教室の選び方とは?

全国にたくさんの体操教室が存在しますが、どのように選べばいいのでしょうか。ポイントをいくつかご紹介します。

〇目的を考える
体操選手になることを目指して本格的に始めさせようと思っているのか、子どもの基礎体力作りや運動嫌いの克服のためなど、まずは目的を明確にさせましょう。体操選手を目指す場合はもちろん体操選手を育成しているコースがある教室を探したり、コーチに選手育成経験があるのかどうかを調べたりすることが大切です。

子どもの基礎体力作りや運動嫌いの克服のためである場合は、逆に選手を目指すようなコースの選択はしないほうがよいでしょう。子ども自身が運動嫌いだったり運動に苦手意識があったりするのに、厳しく指導する教室を選んだ場合、体操も運動もますます嫌いになってしまうかもしれません。とはいえ、自分よりも上のレベルであることで、やる気が出てくるタイプの子どもも、もちろんいますから、子どもの性格を考慮して選んであげたいですね。

〇教室の雰囲気が子どもに合っているか
目的に合った体操教室でも、教室の形態や雰囲気はさまざま。大人数だけど幼稚園や保育園のお友だちがたくさんいる教室もあれば、大人数制であることを活かしで競争意識を掻き立てるような教室など、コーチの教育方針や運営方針によっても雰囲気は違ってきます。ホームページの雰囲気と実際に行ってみたときの雰囲気はかなり違いますから、実際に体験レッスンを受けることでコーチの教え方、子どもたちの雰囲気などを確認することができます。子どもに合った教室を選ばせてあげたいですね。

〇定期的に通えるかどうかをチェック
子どもが楽しく通えて、雰囲気も良く、親から見ても満点! と思っても、送迎に2時間も3時間もかかってしまっては負担が大きく、続けることが難しいかもしれません。また、金銭的にも払い続けられるのかどうかを考えてみましょう。良い教室であっても、あまりにも高額なところだと、子どもが続けたくてもいずれ払えなくなり、辞めることになってしまうかもしれません。子どもも保護者も無理のない教室を探しましょう。

***
体操教室の種類やメリット、教室選びのポイントなどをご紹介しました。お子さんの性格に合った体操教室が見つかりますように!

(参考)
こどもまなび☆ラボ|元・体操日本代表選手に聞いた「体操が子どもの身体の発育にいい理由」
ベネッセ 教育情報サイト|子どもが体操・新体操を習うメリットと教室選び
カワイ体育教室|幼児クラス
加圧トレーニングスタジオ ライズ|子どもを体操教室に通わせるメリットについて
コナミスポーツクラブ|コース選び